2019年05月27日

渡辺知明著『声を鍛える』の索引の紹介

 本の内容を検討するときに参考になるのは、まえがき、あとがき、もくじなどである。だが、「索引」のつけられた本では、索引にこそ、その本の本質が現われている。わざわざ索引をつけるという本は、二読三読に耐えられるという自信を持った本なのである。
 渡辺知明著『声を鍛える』(2017芸術新聞社)の「索引」を公開する。『声を鍛える』索引s.jpg
posted by 渡辺知明 at 12:21| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

ネコのど声の発声の基本練習=渡辺知明著『声を鍛える』より

 わたしの発声練習の究極の目標は「ネコのど声」にある。強くて深く響く声である。
 これが、声楽の発声、オペラの発声、日本の民謡、長唄、謡などの声の基礎になる。
ネコの声s.jpg
●声まねトレーニングの種類(録音CD付)
1 イヌの声:上体の落とし込みのリズムづくり
2 カラスの声:遠くに響くウラ声をつくる
3 ネコの声:「ネコのど声」の基本をつくる
4 ヒツジの声:低い鼻声で声をふるわせる
5 お経の声:鼻に響く落ち着いた声を味わう
6 太鼓の音:腹に響く太い声を出す
7 エンジンの音:声を段階的に強めていく
8 ヘリコプターの音:唇ではじくとともに舌を動かす
9 プロペラ飛行機の音:ゆったりと重い響きの声をつくる
10 救急車のサイレン:ウラ声で高低の変化をつける
11 蚊が飛んでいる音:最高音のウラ声に挑戦する
12 ネコの感情表現:声だけで気持を表現する
13 あいさつの発声:声の力を生活に生かそう!
posted by 渡辺知明 at 16:03| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

ミックスボイスのトレーニング=渡辺知明『声を鍛える』

 地声からウラ声まで一貫してつながっている声を「ミックスボイス」と呼んでいるようだ。ウラ声とオモテ声とが混じったわけではない。いわゆるウラ声というのは力の抜けたひ弱な高音なのだ。だから、低い声から高い声まで裏がえりのないように発声するのが目標なのだ。
 渡辺知明『声を鍛える』では、最高音の発声法として「蚊の飛んでいる音」という課題を提唱している。
蚊の音s.jpg
声まねトレーニングの種類(録音CD付)
1 イヌの声:上体の落とし込みのリズムづくり
2 カラスの声:遠くに響くウラ声をつくる
3 ネコの声:「ネコのど声」の基本をつくる
4 ヒツジの声:低い鼻声で声をふるわせる
5 お経の声:鼻に響く落ち着いた声を味わう
6 太鼓の音:腹に響く太い声を出す
7 エンジンの音:声を段階的に強めていく
8 ヘリコプターの音:唇ではじくとともに舌を動かす
9 プロペラ飛行機の音:ゆったりと重い響きの声をつくる
10 救急車のサイレン:ウラ声で高低の変化をつける
11 蚊が飛んでいる音:最高音のウラ声に挑戦する
12 ネコの感情表現:声だけで気持を表現する
13 あいさつの発声:声の力を生活に生かそう!
posted by 渡辺知明 at 07:51| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

発声評価の一覧表――渡辺知明『声を鍛える』より

 発声を基準にした声質というものがある。これまでは、声質について発声法のちがいから考えられていなかった。
 渡辺知明『声を鍛える』では、発声と声質との違いを「声のジャンルの一覧表」として表示した。そして、13通りの声まねトレーニングによって、それぞれの声質についての発声の技術訓練を提唱している。
声のジャンルの評価表.jpg
声まねトレーニングの種類(録音CD付)
1 イヌの声:上体の落とし込みのリズムづくり
2 カラスの声:遠くに響くウラ声をつくる
3 ネコの声:「ネコのど声」の基本をつくる
4 ヒツジの声:低い鼻声で声をふるわせる
5 お経の声:鼻に響く落ち着いた声を味わう
6 太鼓の音:腹に響く太い声を出す
7 エンジンの音:声を段階的に強めていく
8 ヘリコプターの音:唇ではじくとともに舌を動かす
9 プロペラ飛行機の音:ゆったりと重い響きの声をつくる
10 救急車のサイレン:ウラ声で高低の変化をつける
11 蚊が飛んでいる音:最高音のウラ声に挑戦する
12 ネコの感情表現:声だけで気持を表現する
13 あいさつの発声:声の力を生活に生かそう!
posted by 渡辺知明 at 07:43| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

キョエちゃんの声の発声法―渡辺知明『声を鍛える』より

わたしは『チコちゃんに叱られる!』の大ファンです。とくに、キョエちゃんの力強い声を聞くと元気が出ます。 どうしたら、あんな声が出るのか、『声を鍛える』(2017芸術新聞社)の応用編の13通りの発声練習の一つとして、「カラスの声」の練習法を書いています。そして、付録のCDにはすべての声が収録してあります。みなさんも、キョエちゃんの声を出して人と会話をしてみませんか。カラスの声s.jpg声まねトレーニングの種類(録音CD付) 1 イヌの声:上体の落とし込みのリズムづくり 2 カラスの声:遠くに響くウラ声をつくる 3 ネコの声:「ネコのど声」の基本をつくる 4 ヒツジの声:低い鼻声で声をふるわせる 5 お経の声:鼻に響く落ち着いた声を味わう 6 太鼓の音:腹に響く太い声を出す 7 エンジンの音:声を段階的に強めていく 8 ヘリコプターの音:唇ではじくとともに舌を動かす 9 プロペラ飛行機の音:ゆったりと重い響きの声をつくる 10 救急車のサイレン:ウラ声で高低の変化をつける 11 蚊が飛んでいる音:最高音のウラ声に挑戦する 12 ネコの感情表現:声だけで気持を表現する 13 あいさつの発声:声の力を生活に生かそう!
posted by 渡辺知明 at 19:43| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

渡辺知明『声を鍛える』の12段の沈み込み

 渡辺知明『声を鍛える』では腰かけたときの発声の姿勢の図が63ページに掲載されている。
 これは深い息による強い声を発声するときの姿勢である。ただし、かたちだけマネるための図ではなく、沈み込みの実態が伴ったときに実現できるものだ。
12段の落とし込み.jpg
posted by 渡辺知明 at 00:27| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

渡辺知明『声を鍛える』の全体構想の図

 発声というといかにも技術的なものと考えられている。しかし、人間の生にとって本質的な行為なのである。
 人間に関わる発声の要素は4つである。ことば、からだ、心、声、これらが発声においてどう関わるのか、渡辺知明著『声を鍛える』では、下記のような図で示した。
マンダラの図.jpg
声を鍛える 話しの説得力を劇的に高める声まねトレーニング CD付き声を鍛える 話しの説得力を劇的に高める声まねトレーニング CD付き
渡辺知明

芸術新聞社 2017-04-28
売り上げランキング : 112543

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 渡辺知明 at 08:06| Comment(0) | 『声を鍛える』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする