2007年12月27日

朗読批評講座(9)外国人吹き替え風

 このシリーズのきっかけは、「蜘蛛の糸」をテキストにして朗読の実験的なパターンを16通り録音してみたことです。そして、わたしの「蜘蛛の糸」のよみをまとめとして示しました。(参考=『Web表現よみ入門』

 第9回は、テレビなどで外国人の発言を吹き替えているときのようなよみ調子です。映画監督の森達也さんは「ボイス・オーバー」というこの手法を紹介して次のように書いています。(07.2.11東京新聞)

 「人が何かを語るとき、言葉の意味さえわかればよいというわけではない。言葉を発する彼や彼女の一瞬の逡巡や息づかいなどは、現場やその人のキャラクターを伝えるうえでとても重要な要素なのだ。発せられた言葉そのものよりも、言葉の抑揚や間が、その人の内面を鮮やかに物語る場合はいくらでもある。」

 吹き替えの声からは文字的な情報は伝わります。しかし、人間の感情や心情は伝わりません。このような手法に慣れてしまうと、人間の声の真実を聞き取れなくなってしまいます。また、このような手法で語る仕事をしている人たちには、人間が真実を語る声の表現を見失う危険があります。

 それでは、こんな調子に流してしまうような「蜘蛛の糸」を聴いてもらいましょう。


 「まさか、こんな朗読はないよ」と思われるかもしれませんが、ちょっと気をゆるめて、文章の内容への集中力を失うとおちいりがちなのです。そして、そこに生まれるのはまるで歌うような機械的な調子なのです。(つづく)
 
posted by 渡辺知明 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読批評講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック