2007年11月07日

朗読の発声法と「密息」の原理

 尺八の演奏家・中村明一さんが「密息」という呼吸法を唱えている。
 その特徴は、次のようなものである。
 「ごく簡単にいえば、腰を落し(骨盤を後ろに倒し)た姿勢をとり、腹は吸うときも吐くときもやや張り出したまま保ち、どこにも力を入れず、身体を動かすことなく行う、深い呼吸です。外側の筋肉でなく深層筋を用い、横隔膜だけを上下することによって行うこの呼吸法では、一度の呼気量・吸気量が非常に大きくなり、身体は安定性と静かさを保つことができ、精神面では集中力が高まり、同時に自由な開放感を感じます。」13ページ(中村明一『「密息」で身体が変わる』2006新潮社)

 「密息」は呼吸法というよりも発声法としての意義が大きい。現在、わたしが表現よみのトレーニングで実行している発声法はまさに「密息」なのである。これはまた、野口三千三さんのいう「保息」にも通じるものである。
密息の図
 右の図は前著61ページに収録されている。この中で重要な点が3つある。
 第1は、吐くときに「腹が膨らんだまま」というところだ。これこそ、本来の腹式発声――仮に「腹腰発声」とでもいおうか、その発声法の特徴なのである。
 第2は、「安定感(吐くとき)」である。腹腰発声ができていると声は安定してヒョロヒョロとした震え声にはならない。だが、胸式の発声では声が不安定に揺れるのである。
 第3は、息つぎの速さである。腰から下腹にかけての力を一瞬ぬくだけで鼻から一気に息つぎができるのが特徴である。
 中村さんは声楽の発声を複式呼吸といっているが、本格的な腹式発声は「密息」と同様だといってよいとわたしは思う。(参考=『Web表現よみ入門』の「発声の姿勢と体勢」)
「密息」で身体が変わる (新潮選書)
「密息」で身体が変わる (新潮選書)中村 明一

おすすめ平均
stars本来の日本人に気づきます。
stars深くて目からウロコ!しかもすぐ役立つ!
starsこの呼吸法は
stars日本文化の謎解きとして最高!
stars当たり前ゆえに忘れ去られてしまった息遣い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 渡辺知明 at 13:51| Comment(3) | TrackBack(1) | 音声表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渡辺さんの、「朗読論」興味深く拝読しました。
私は、東京生まれですが現在は岡山の地で、(渡辺さんが嫌いそうな?)アナウンサーをしています。
実は、昭和44年から40年近く朗読奉仕の方への読みの指導をしていますので、ほかの方のご意見も参考し、貪欲に取り入れて行きたいとも思っています。
一つだけ質問です。高さ読み、音読み等の表現は重々わかります。ただ渡辺さんの表現する「アクセント」とは何を指していらっしゃいますか。
日本語で該当することばだったら、どう表現されるのでしょう。
「二音目に…」いう例題で芭蕉の「ふるいけや…」を出されましたが、これは「言葉の意味を定める音の高低」のアクセントからも当然高くなる単語がならんでいます。
したがって、これを強く練習するといわれても何の違和感もありません。それでは、「雨のなかで、飴をなめた」の「雨」の二音目はどうなりますか。
要するに、渡辺さんのいうアクセントの意味がはっきりとしていないなと感じたしだいです。
お忙しい中、よろしかったらご教示ください。

ちなみに、私の指導は、「単語をアクセントどおりに起こしなさい」。それだけです。
「たてる」という作業はまったくさせません。
「雨に」「歩けば」これがそろうと、自分に酔うような読みには、なりません。
(渡辺さんのいう表現読みが違うという意味ではありません)

質問をどこですればいいのか分からないので、この欄をお借りしました。
「アクセント」とはどういう意味なのか、ぜひ
よろしくお願いします。
Posted by 松嶋信之 at 2009年02月14日 08:55
松嶋信之さん、こんにちは。
コメントと質問ありがとうございます。
わたしの表現よみ理論はなかなか複雑なものなので、まずは下記のサイトからアクセントについての記述をご覧ください。
http://www.ne.jp/asahi/kotoba/tomo/yomi/

朗読表現の基本は、第1に文学作品の「語り」の構造の理解、第2の音声面では、強弱アクセントとプロミネンスによる「強さ」の表現だと考えています。
Posted by 渡辺知明 at 2009年02月14日 10:21
松嶋信之さん、あとでお答えする前に、ひとつ質問があります。ご質問の「2音節目」のアクセントの用例は、わたしのどの論文のなかで書かれていることを引用されたのでしょうか。文脈によって強調点がちがうので、その点をお知らせください。わたしのアクセントについてはいろいろな意味がありますので、論のながれとの関わりでお答えいたします。
Posted by 渡辺知明 at 2009年02月14日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「密息」で身体が変わる
Excerpt: 密息というのは、胸式呼吸や腹式呼吸と重なるところがありますが。息を吸ったときにお腹を膨らませて、吐くときにもお腹を膨らませたままにするというやり方みたいです。 この本読んで実際に胸式、腹式呼吸と密息を..
Weblog: 義勇:日々多読
Tracked: 2007-11-20 19:38