2007年10月01日

古典文学には強弱アクセントが必要だ

 わたしの提唱する表現よみの方法で、いくつかの古典文学のよみにとりくんでいる。参考にしているのは、藤井貞和『古典の読み方』(講談社学術文庫)である。藤井氏は、古典文学の解釈で重要なのは、助動詞と助詞であると書いている。
古典の読み方 (講談社学術文庫)
古典の読み方 (講談社学術文庫)藤井 貞和

おすすめ平均
stars古典文学の音声化の参考になる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 また、次のように耳でよむことの重要さをあげている。
「現代人は、文字を読むことが普通のことになっているために、文学が、もともと耳で理解されるためのものであり、文字というものは、仮に紙の上に書き表したものであること、だから文字で書かれていても、それは聴覚の世界へ引き戻して読まれるべきものだ、という大原則を忘れがちである。」(82ページ)

 わたしは、さらに強弱アクセントを聴くことの重要性を加えたい。藤井氏があげている、助動詞「なり」については、伝聞と断定の二つの区別がある。この区別は、文字づらからは判断できない。伝聞の場合は「り」にアクセントがつく。断定の場合は「なり」となる。

 藤井氏の解説の「なり」について強アクセントを太字の赤色で表示すれば次のようになる。

「伝聞の「な」は活用する語の終止形につく。活用する語が終止形と連体形とでかたちがちがうばあいには、伝聞の「な」か断定の「り」か、一目瞭然である。活用する語が終止形と連体形と同じかたちの場合、「なり」は伝聞のそれか、断定のそれか、外見からの判定ができない。」

 この場合、断定のアクセントは高低でもつけられるが、伝聞の「り」には高低アクセントではつけられないのである。どうしても強弱アクセントが必要になる。現代文の伝聞「そうだ」も高低アクセントで「そうだ」と「そ」を高くするのなく、「だ」を強アクセントにして下げないと発話者の実感が表現できない。

 古典文においては、見かけによる意味の区別だけではなく、音声としての区別までが重要である。そのためには、声の表現による確認が必要なのである。
posted by 渡辺知明 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音声表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック