2007年08月05日

「朗読」ではない柳家小三治の表現よみ!

 知人から小三治の朗読CDを頂戴した。藤沢周平「驟り雨/朝焼け」(2000新潮社)の二枚組である。さっそく聴いた。感動した。すばらしい。これぞ表現よみである。

 これは朗読ではない。表現である。既成の朗読とはまるでちがう。文や文章をよみあげて聴かせるのではなく、自らの声で自らの世界を創造しているのだ。わたしは小三治の落語の大ファンであるが、その良さがよみでも表現されている。話し手の声の響きと語られる世界とのあいだにまったく隔たりがない。わたしの師である大久保忠利のスローガンでいう「はいる→なりきる→のりうつる」の境地である。

 今、世間ではさまざまな「朗読」がCDとなって発売されている。一年ほど前のアンケート調査では、80%の人が「朗読は金を出しては買わない」という答えであった。それには納得できる。だが、小三治さんのよみなら「朗読」ではないのだから買ってソンはない。上にリンクしたとおり、その後、松本清張「左の腕/いびき」(2003新潮社)も出ているので、こちらも期待できそうだ。
posted by 渡辺知明 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック