2018年04月13日

渡辺知明『文章添削の教科書』の新聞記事の見出し添削法

 文章の理解とは「添削」である。渡辺知明著『文章添削の教科書』では、その一例として、新聞記事の見出しに添削する方法を紹介した。「百聞は一見にしかず」が添削の赤ペンである。太宰サミット002.jpg この赤ペンを文章化すると次のようになる。「『人間失格』の原型を執筆したアパートは、太宰作品の舞台で「文化遺産」なのだから残してほしいと、東京の杉並区で来月、「サミット」が開かれる。」
posted by 渡辺知明 at 23:50| Comment(0) | 『文章添削の教科書』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。