2018年04月05日

『文章添削の教科書』の「逆添削」実例=新美南吉「ごん狐」

 教科書の教材で有名な新美南吉「ごん狐」は、『赤い鳥』に掲載のときに、鈴木三重吉が添削したものだ。その添削がどのようなものだったかは、「逆添削」という方法で再現することができる。どのように添削したのか、それを一目で見られるような方法である。
 「逆添削」の方法については、渡辺知明『文章添削の教科書』を参照のこと。
「ごん狐」添削再現.jpg
posted by 渡辺知明 at 00:17| Comment(0) | 『文章添削の教科書』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。