2007年04月26日

声の質の6通りと朗読の表現

 声の質にはどのような種類があるだろうか。最近、次の6通りを考えた。

 (1)大小、(2)高低、(3)長短、(4)軽重、(5)強弱、(6)硬軟

 (1)から(3)は常識的なものだ。だが、あとは、わたしの独自のものだ。(1)から(3)は物理的な測定ができる。いわば、量的なもので、本来の声の質ではない。だが、(4)から(6)については、まさに質的なもので測定ができない。だが、耳では判断できる。

 (1)から(3)は声の物理的な特性をはかるのには都合がいい。だが、表現についての基準にはならない。朗読などの表現にかかわるのは、(4)から(6)の質である。

 (4)は「マ」と「ダ」の発声のちがいだ。「マ」は正面に向かってまっすぐに響く声で、軽く伝わる声だ。それに対して、「ダ」の音(オン)は手元に落ちる声である。返事の「はい!」で言うなら、軽い声は相手に届かせる表現、重い声は自らの存在位置を示す表現となる。これまで高低イントネーションとされるものも、その多くが「軽重」の声に置き換えられるだろう。

 (5)は腹式発声(腹式「呼吸」ではない)による声の厚みを伴うものだ。強い声は、単語の強アクセント(高低ではない)、語句のプロミネンス(強調)の表現には不可欠である。だが、一般の朗読理論では、この二つはほとんど問題にされていない。

 (6)は喉音(こうおん/のど声)と鼻音(びおん/鼻声)とのちがいだ。喉音は鼻で共鳴させずに口から出る声――相撲の行司の「ハッケヨイ」の声だ。それに対して、鼻音は、相撲の呼び出しの声である。鼻濁音もことばの当たりをソフトにするために鼻音にしたものだ。一般の声の表現では100%の喉音とか鼻音はない。たいていが適当な分量のミックスである。(ちなみに、鼻濁音の多くには強アクセントがつく。そのとき、硬いままの声では当たりが強い。それを避けるためにできたものだろう)

 以上のような声の質について、どの要素をとらえるかによって、朗読の表現の考え方は根本から変わるのである。
posted by 渡辺知明 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音声表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック