2009年08月27日

《添削小説》宮沢賢治「銀河鉄道の夜」PDF版

 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は下書きのまま残された原稿としてよく知られている。実際に読んでみると、確かに公表された作品と比べると文章表現で不十分なものである。非常に読みにくい。また、ダブったことばやねじれた文章などがあちこちに見られる。

 今年の5月わたしは「銀河鉄道の夜」をドラマ・リーディングのために台本に作成した。その結果、さまざまな文章を添削せざるを得なかった。余分な文を削り取ったり、修飾語が三つ重なるところ削ったり、ねじれた文の語の順序を入れ替えたりした。ただし、賢治の原文を極力生かすようにした。
 
※ そのために「銀河鉄道の夜」の生原稿の写真版の本まで取り寄せて参照した。『宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の原稿のすべて』(1997年3月宮沢賢治記念館)

 一般的にはリライトするような形で手を入れてしまうものであるが、わたしは「添削」のつもりで原文に忠実になるように心がけたのである。その結果、おそらく、原文以上に内容が明快な作品に仕上がったと思っている。

 さらに、ひとりで銀河鉄道の夜を読んでみたいという人がいたので、その人たちのために小説版の「銀河鉄道の夜」を仕上げることにした。その結果が次のPDFで掲載した作品である。ちなみに、渡辺知明添削としてある。
◎参照=銀河鉄道の夜PDF
posted by 渡辺知明 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック