2008年09月18日

音声作品作成のためのPCMレコーダー

 最近、朗読CDの製品版がぼちぼち発売されるようになった。しかし、朗読そのものの評価がない中で製品化される朗読は残念ながら聴くに堪えないものが多い。アマチュアの録音の中にはずっとすぐれた音声表現の作品が数多くある。

 だが、残念なのは録音の技術において聴き劣りがする点である。アマチュア音楽の世界でインディーズがあるのだから、朗読の世界でも自作のCDをお互いに販売して聴き合うというような文化ができたらいいと思う。

 そこで登場するのが雑音のない、音質のいい録音機である。いわゆる、PCMレコーダである。ICレコーダよりも高度な音質の録音のできる録音機器だ。オリンパスから10月に発売される小型のICレコーダ兼用の機種を含めて、わたしが推薦するのは下記の三機種である。ちなみに、わたしがソニーのPCM-D50を使用して録音した梶井基次郎「桜の樹の下には」(2008.6.1第13回表現よみ独演会にて録音)をアップして置こう。


オリンパス Voice-Treck DS-71 DS-71
オリンパス Voice-Treck DS-71 DS-71

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50
SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50
おすすめ平均
starsアマチュアの演奏には十分すぎるほど高性能
starsある程度の割りきりが必要
starsなかなか良いです。
stars1ヶ月使った感想

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

OLYMPUS リニアPCMレコーダ LS-10
OLYMPUS  リニアPCMレコーダ LS-10
おすすめ平均
stars質感の良い高音質録音機
starsカセットデンスケ以来、録音機として入手
stars21世紀のデンスケ
stars会議長時間録音+高音質録音

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 渡辺知明 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音声表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック