2018年07月03日

北原白秋「数珠かけ鳩」の文分析=渡辺知明

私の『朗読の教科書』(2012パンローリング社)に関心を持って下さっていろいろ実践を試みている方がいる。
北原白秋「数珠かけ鳩」の一節について、文の要素についてコメントしていたので、私も文分析をしてみた。
文章の理解のためには、このようにして文の構造を捉えることが有効なのである。
文分析「数珠かけ鳩」02.jpg
posted by 渡辺知明 at 20:00| Comment(0) | 『朗読の教科書』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする